最新ニュース,エンタメ,芸能,時事ネタはもちろん無料の総合情報。サービス紹介、ファッション,政治,経済,社会,写真,動画,国内,海外,流行発信。時事ネタならおまかせあれ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 家庭裁判所の「補導委託制度」で預かった少女にわいせつ行為をしたとして、千葉県大網白里町柳橋、しんきゅう師、高野友次容疑者(63)が児童福祉法違反容疑で警視庁大崎署に逮捕されていたことが分かった。

 調べでは、高野容疑者は昨年12月28日、自分が経営する埼玉県蕨市のしんきゅう院近くのアパート一室で、東京家裁の同制度で預かっていた女子高校生(17)にわいせつな行為をした疑い。高校生はしんきゅう院に住み込みで働いていた。

 「補導委託制度」は、非行行為のあった少年少女に対し最終処分を決める前に一時的に民間に預ける制度。高野容疑者は86年ごろ東京家裁から委託先として登録を受けた。

これまでに8人の少女を預かっていたが、「他の少女にわいせつ行為はしていない」と供述しているという。

本日の最新→ニュースranking
 福祉機器販売会社「コロニーワイズ」(東京都港区)の出資法違反事件で、警視庁と山梨県警の合同捜査本部は14日、虚偽の説明で聴覚障害者らから金をだまし取ったとして、詐欺容疑で、同日にも同社の小林洋子社長(55)ら数人を逮捕する方針を固めた。

200人以上から20億円超を集めたとみられ、同本部は事件の全容解明を進める。

本日の最新→ニュースranking
 【北京=望月公一】北朝鮮の核問題をめぐる6か国協議の議長を務める武大偉中国外務次官は12日、自民党の額賀福志郎・前防衛長官と会談し、6か国協議で北朝鮮が核放棄に向けた初期段階の措置として、<1>寧辺の核施設の停止(シャット・ダウン)<2>他の核施設のリスト提出――に合意していることを明らかにした。

 その上で武次官は、北朝鮮がその見返りとしてエネルギー支援を要求し、その規模や支援を残りの5か国がどう手当てするかが協議の焦点になっていると説明した。

 また、武次官は、北朝鮮とほかの5か国が
<1>非核化
<2>エネルギー・経済支援
<3>北東アジアの安保協力
<4>米朝関係
<5>日朝関係――

の5つの作業部会を設置することですでに合意していることを明らかにした。

本日の最新→ニュースranking
ブラジル人男性、危機一髪で孫をヘビから救出

 2月9日、ブラジルのサンパウロ郊外の農場に住む66歳の男性が、体長5メートルのヘビ(写真)に巻きつかれた8歳の孫(少年)を自力で助け出した

 [サンパウロ 9日 ロイター] ブラジルのサンパウロ郊外の農場に住む66歳の男性が、体長5メートルのヘビに巻きつかれた8歳の孫(少年)を自力で助け出した。

男性はヘビと30分近く格闘したという。9日付の地元紙が報じた。

 動物学者らは、もし男性が悲鳴を耳にしなかったら、少年はヘビに食べられていただろうとしている。

 このヘビは世界最大種のアナコンダで、毒を持たない代わりに、獲物を絞め付けて窒息死させる。

 少年は7日に、男性が所有する農場に流れる小川の近くで友達らと遊んでいたところ、ヘビに襲われたという。

 同紙の取材に対し少年は「ヘビはすごく速かった。何かする時間なんて無かった。おじいちゃんはヒーロー。僕は死ぬのがとても怖かった」と語った。

 男性が少年の悲鳴を聞いたのは家に向かっての車の運転中。すぐに小川の中に飛び込んでヘビを引き離しにかかったが、ヘビは男性のことも締め付けようとしてきたという。

 男性はその後、石やなたを使ってヘビを殺害。「これまでの人生で最も恐ろしい光景だった。死んでしまうと叫んでいる孫にヘビは完全に巻き付いていた」と語った。

まさに英雄ここに有り、であった。

本日の最新→ニュースranking
 鹿児島県・種子島沖で9日から行方不明になっていた日向市漁協(宮崎県)所属のマグロはえ縄漁船「幸吉(ゆきよし)丸」(9・1トン)は11日午前6時40分ごろ、宮崎県串間市・都井岬の南東約130キロの太平洋で、転覆した状態で見つかった。

 乗っていた是沢幸広船長(48)(日向市細島)ら3人は発見できなかった。

 幸吉丸は船体の前半分がなくなっており、第10管区海上保安本部(鹿児島市)は他の船舶と衝突した可能性もあるとみて調べている。

 行方不明になっているのは、是沢船長のほか、乗組員の山中道夫さん(56)(日向市日知屋)と福岡市博多区のテレビ制作会社「東洋放映」カメラマン林洋平さん(29)(福岡市中央区)。

本日の最新→ニュースranking
 東京都渋谷区道玄坂と豊島区高田で6日早朝、発砲事件が相次いで2件発生した。

けが人はなく、警視庁組対4課は銃刀法違反(発射、加重所持)容疑などで、渋谷の現場から逃走した指定暴力団住吉会小林会幹部の2人を逮捕。「(指定暴力団山口組傘下の)国粋会の事務所に向けて発砲した」と容疑を認めている。

 5日には、小林会の杉浦良一幹部(43)が港区西麻布で射殺され、同区麻布十番のマンションにある山口組系事務所にも実弾が撃ち込まれた。

麻布十番進出で、小林会とこの山口組系がもめていたとされるほか、銀座など都内有数の繁華街を拠点に持つ国粋会を傘下に収めた山口組は、住吉会と縄張りをめぐってトラブルがあったとの情報もある。

警視庁は連続発砲の背景に縄張りをめぐる抗争があるとみて、捜査している。

 逮捕されたのは、小林会幹部、沼能英雄(43)=住所不定=と同、上野浩二(40)=東京都東大和市=の両容疑者。

 調べでは、沼能容疑者らは6日午前6時15分ごろ、渋谷区道玄坂のマンション「ヴェラハイツ道玄坂」501号室のドアに拳銃を3発発砲した疑い。

同室には以前、国粋会系組事務所が入居していたが、現在は同じマンションの別の部屋に移っていた。午前5時40分ごろには、豊島区高田のマンション「メゾン泉」205号室の玄関ドアに拳銃4発が発砲された。

同室には、麻布十番のマンションと同じ山口組系暴力団の関係者が出入りしていたという。

 また、6日夕には射殺現場から約250メートル先の住宅で拳銃1丁が発見され、事件との関連を調べている。

その他最新NEWS→ranking
 関西テレビ(大阪市北区)制作の「発掘!あるある大事典2」(1月23日に打ち切り発表)と前身番組の企画立案に携わった放送作家の高瀬真尚さん(45)が、インターネットの個人ブログで、「(日本人の)食行動について情報操作できるってことになる」などと記述していたことが分かった。
ニュースranking

1月20日のねつ造発覚後、ブログにアクセスが殺到し、その中には批判の意見などもあったといい、高瀬さん側は「誤解を与える文面だった」として、問題部分を削除した。

 問題部分は、「納豆ダイエット」の放送(1月7日)後、「納豆騒動って何だ?」のタイトルで同15日付で書かれた。各地の小売店で納豆の売り切れが相次いだことに「あれほど売れるなんて、我ながら驚いた」「凄(すご)い影響力だなあ。あるあるって」「ワタシは、この国の人たちの食行動について情報操作できるってことになる。怖い怖い。皆さん、ご安心を。そんなこと絶対しませんから」と記載していた。

 高瀬さんが社長を務めるコンサルタント会社は「誤解を与える文面で、刺激的な言葉を使ったことはおわびしたい。高瀬社長も同じ気持ちだ。事実関係がはっきりしない中で、社長が個人として取材に応じることはできない」としている。【「あるある」問題取材班】
ニュースranking

 関西大社会学部の黒田勇教授(メディア文化論)の話 一般的に、作品を作っている人は、いろいろな形で社会に影響を与えたいと思っている。そんな思いがブログに表れたのではないか。もし、台本に行き過ぎたところがあったのだとしたら、編集権を持っている放送局がそれをチェックすべきだ。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。