最新ニュース,エンタメ,芸能,時事ネタはもちろん無料の総合情報。サービス紹介、ファッション,政治,経済,社会,写真,動画,国内,海外,流行発信。時事ネタならおまかせあれ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
TBS/FEG
「K-1 WORLDMAX2007~日本代表決定トーナメント~」
2007年2月5日(月)東京・有明コロシアム
開場16:00 開始17:30(観客=8,961人)

▼第2試合 日本代表決定トーナメント1回戦 3分3R延長1R
○アンディ・オロゴン(ナイジェリア/チームオロゴン)
延長判定 3-0 ※10-8、10-9、10-8
●小比類巻貴之(チームドラゴン/K-1WORLDMAX2006世界一決定トーナメントベスト8)
ニュースranking

 兄ボビーをセコンドにつけたアンディ。試合前、二人はがっちりと抱擁を交わして気合を入れる。

 1R、小比類巻はジャブから強烈な右ローを二発。離れた間合いからジャブをつくアンディだったが、小比類巻のプレッシャーに負けてずるずると後退してしまう。下がりながらも細かくローを蹴るアンディだったが、小比類巻の強烈な右ローがアンディの左足を捕らえる。

 左アッパーから右ストレートを打つアンディ。そこからパンチで前に出て右ストレートを当てる。アンディはこのパンチをキッカケに、徐々に前に出て攻撃を繰り出す。ラウンド終了後、アンディは拳を握ってアピールする。

 2R、前蹴りでアンディを突き放す小比類巻。アンディの右ローをキャッチして右ローを連打する。しかしアンディの左アッパーから右ストレートがヒット! 小比類巻はたまらずクリンチで逃げる。
ニュースranking

 小比類巻はアンディのパンチに合わせて右ローを蹴るが、これまでとは一転、アンディがプレッシャーをかけて前に出て行く。アンディは左フックから左ボディとパンチのコンビネーション。右の前蹴りやミドルを蹴って。このラウンドは明らかにアンディのラウンドだ。

 3R、アンディのジャブに小比類巻が右のロー! しかしアンディが右ローに左アッパーからの右ストレートを当てて、小比類巻がバランスを崩す! ここはスリップになったものの、客席は大いに沸き上がった。

 小比類巻の右ローを明らかに嫌がる素振りを見せるアンディ。しかしアンディは小比類巻のローを受けながらも、前に出てパンチを繰り出す! 小比類巻はアンディをコーナーに詰めるものの、そこから手数が出ずにアンディを仕留めきれない。→ニュースranking

 判定は1人が小比類巻を指示したものの、残り2名はドロー。試合は延長に突入する!

 延長R、アンディが右ストレートの連打で猛攻! 小比類巻はたまらずクリンチで逃げる。大アンディコールが起こる中、右ローを打った小比類巻の顔面をアンディの右ストレートが打ち抜く! マットに尻餅をつく小比類巻、アンディがダウンを奪った!

 残り1分、何とかポイントを挽回しようと前に出る小比類巻。右のローに苦しむアンディだったが、必死に小比類巻を突き放して逃げ切る。判定は3-0でアンディ! アンディが小比類巻を下すという大番狂わせを起こした。

 動きに精彩を欠いていた小比類巻だったが、大会終了後の谷川イベントプロデューサーのコメントより、試合前に左足首を骨折していたことが判明。決勝で佐藤嘉洋と戦いたいという希望で、出場を直訴していたことが明かされた。

<その他の全試合結果>

▼メインイベント K-1WORLDMAX2007日本代表決定トーナメント決勝 3分3R延長1R
○佐藤嘉洋(日本/フルキャスト/名古屋JKファクトリー)
KO 1R2分22秒 ※右のヒザ蹴り
●TATSUJI(日本/アイアンアックス)
※佐藤が07年日本代表決定トーナメントを優勝、連覇を達成

▼第9試合 スーパーファイト K-1ルール 3分3R延長1R
○ムラット・ディレッキー(トルコ/ユニバーサル)
KO 1R1分27秒 ※右フック
●アルバート・クラウス(オランダ/チーム・スーパープロ)

▼第8試合 日本代表決定トーナメント準決勝 3分3R延長1R
○佐藤嘉洋(フルキャスト/名古屋JKファクトリー/K-1WORLDMAX2006日本代表決定トーナメント優勝)
判定 3-0 ※30-28、30-28、30-28
●尾崎圭司(チームドラゴン/R.I.S.E.DEAD or ALIVEトーナメント’06優勝)

▼第7試合 日本代表決定トーナメント準決勝 3分3R延長1R
○TATSUJI(アイアンアックス/K-1WORLDMAX2006日本代表決定トーナメント準優勝)
判定 3-0 ※30-29、30-28、30-29
●安廣一哉(正道会館)

▼第6試合 スーパーファイト 3分3R延長1R
○ブアカーオ・ポー.プラムック(タイ/ポー.プラムックジム)
判定 3-0 ※30-27、30-28、30-27
●ツグト・“忍”・アマラ(モンゴル/フリー)

▼第5試合 日本代表決定トーナメント1回戦 3分3R延長1R
○佐藤嘉洋(フルキャスト/名古屋JKファクトリー/K-1WORLDMAX2006日本代表決定トーナメント優勝)
判定 3-0 ※30-28、30-28、30-28
●白須康仁(花澤/MA日本ウェルター級&WMAF世界スーパーウェルター王者)

▼第4試合 日本代表決定トーナメント1回戦 3分3R延長1R
○尾崎圭司(チームドラゴン/R.I.S.E.DEAD or ALIVEトーナメント’06優勝)
判定 3-0 ※29-28、29-27、29-27
●宍戸大樹(シーザージム/シュートボクシング日本ウェルター級王者)

▼第3試合 日本代表決定トーナメント1回戦 3分3R延長1R
○TATSUJI(アイアンアックス/K-1WORLDMAX2006日本代表決定トーナメント準優勝)
判定 3-0 ※30-28、29-28、30-28
●HAYATO(FUTURE_TRIBE/UKF世界スーパーウェルター級王者)

▼第1試合 リザーブファイト 3分3R延長1R
○安廣一哉(正道会館)
判定 3-0 ※30-29、30-29、30-29
●サトルヴァシコバ(勇心館)

▼K-1特別試合 3分3R
○HIROYA(フリー/2005アマチュアムエタイ世界大会優勝)
TKO 3R2分45秒 ※タオル投入
●高橋明宏(大誠塾)

▼オープニングファイト2 3分3R
○蜜山剛三(ファイブリングス)
判定 3-0 ※30-26、30-28、30-28
●ASH-RA(エックスフォース)

▼オープニングファイト1 3分3R
○城戸康裕(谷山)
TKO 1R2分26秒
●川端健司(チームドラゴン)
ニュースranking
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
2008/09/28(日) 13:21 | URL | #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://news23sogo.blog91.fc2.com/tb.php/84-9089dc62
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。