最新ニュース,エンタメ,芸能,時事ネタはもちろん無料の総合情報。サービス紹介、ファッション,政治,経済,社会,写真,動画,国内,海外,流行発信。時事ネタならおまかせあれ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 2月5日(月)東京・有明コロシアムで開催されるTBS/FEG主催『K-1 WORLD MAX 2007~日本代表決定トーナメント~』のスペシャルマッチで、なんと現役中学生がデビューすることが発表された。

 1月30日(火)都内ホテルにて行われた記者会見で発表されたその中学生ファイターの名前はHIROYA(フリー)。

2006年にインドで開催された『ナショナル・キックボクシング・チャンピオンシップ アジア大会』のジュニア部門(14~17歳)54kgトーナメント優勝、2005年の『世界ムエタイ連盟アマチュアムエタイ世界大会』(45カ国参加)ではジュニア部門ピン級で金メダルを獲得するという快挙を達成。

2006年の同大会でもジュニア部門バンタム級で銀メダルを獲得している。

 HIROYAはかねてから“驚異の中学生”としてキックボクシング関係者の間で話題となっており、中学生にしてプロの新人選手よりも強いとの噂があった。

『ファイティングTVサムライ!』でRIKIX会長の小野寺力が「強い中学生がいる。アッパーもしっかり打てるし、コンビネーションパンチが凄い」と評していたことも。これまで『TITANS 3rd』を始め新日本キックボクシング協会のリングに上がり、エキジビションマッチや中学生ガチンコマッチなどを経験している。

 きっかけは魔裟斗だった。

かねてから魔裟斗のファンだったHIROYAは昨年9月にシルバーウルフジムを訪ね、魔裟斗に「僕の練習を見てください」と直訴。

その熱心さに「仕方ないな」と渋々了承した魔裟斗が、試しに大人とスパーリングをさせたところその動きにビックリ。

HIROYAがボコボコにしてしまったという。谷川プロデューサーに紹介したところ興味を示し、今回デビューする経緯に至った。

 デビュー戦はK-1特別試合として、アマチュア規定のグローブとヘッドギア着用のK-1ルール3分3R、60kg契約で行われ、高橋明宏(大誠塾)と対戦する。また、HIROYAは今年3月に中学校を卒業、3年間のタイ修行に向う。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://news23sogo.blog91.fc2.com/tb.php/72-68873dde
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。