最新ニュース,エンタメ,芸能,時事ネタはもちろん無料の総合情報。サービス紹介、ファッション,政治,経済,社会,写真,動画,国内,海外,流行発信。時事ネタならおまかせあれ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
配信 産経新聞
 実験データ捏造(ねつぞう)などが発覚した関西テレビ制作の情報番組「発掘!あるある大事典II」の前身の番組でレタスの催眠効果を取りあげた際、実験で効果が確認されなかったのに効果があったように捏造されて放送されていたことが28日、分かった。

実験に携わった千葉科学大の長村洋一教授(健康食品学)が証言した。

 問題の番組は、平成10年10月25日放送の「発掘!あるある大事典」。

長村教授によると、放送の3週間ほど前に番組スタッフから「レタスを食べると眠れる、という実験をしてほしい」との依頼を受けた。

長村教授はマウス20匹を2グループに分け、一方にジュース状にしたレタス、もう一方に水を与えて変化を観察したが、まったく違いは見られなかったという。

当時、撮影していたスタッフについて、長村教授は「効果がないことが分かり、困惑した様子だった」と話している。

 しかし放送では、かごの隅でじっとしていたマウスの映像を流し、「眠ってしまった!」などとテロップを表示。

さらに実験にかかわっていなかった別の大学教授のコメントをはさみ、あたかもレタスの催眠効果が証明されたような編集がされていたという。

コメントした教授は「一般論としてレタスの特定の成分には催眠効果があると答えただけ。(コメントの)都合のいい部分だけ使われた」と話している。

 長村教授は「レタスで眠れるという誤った知識が広まってしまった。別の番組でも白インゲン豆ダイエットなど間違った健康情報が取りあげられており、この手の健康番組は目に余る状況。

きちんとした知識を伝えてほしい」と批判している。

 関西テレビ広報部の話「過去の放送については、社内調査と外部委員による調査委員会でのきちんとした報告を受けて答えたい。

個別の事案について現段階では答えられない」
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://news23sogo.blog91.fc2.com/tb.php/22-aa511395
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。