最新ニュース,エンタメ,芸能,時事ネタはもちろん無料の総合情報。サービス紹介、ファッション,政治,経済,社会,写真,動画,国内,海外,流行発信。時事ネタならおまかせあれ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 社会福祉法人が運営する和歌山市内の児童養護施設で、20代の非常勤の女性職員が数年間、入所していた少年に性的関係を強要していたことが分かった。

和歌山県は事案を問題視して女性職員の保育士登録を取り消しており、施設は既に女性職員を懲戒解雇している。
スポンサーサイト
 ニッポン放送株を巡るインサイダー取引事件で証券取引法違反に問われた村上ファンド前代表、村上世彰(よしあき)被告(47)の20日の東京地裁(高麗(こま)邦彦裁判長)公判に、ライブドア(LD)前社長、堀江貴文被告(34)=別の証取法違反事件で1審実刑、控訴=が弁護側証人として出廷した。前社長は「テレビの視聴率が落ちる中、大金を突っ込んでテレビ局の買収にかけるというのはいい経営判断とは思わず、迷っていた」と述べ、当初から同放送株取得に本気だったとする検察側構図を否定した。

 この公判にはこれまでLD前財務担当取締役、宮内亮治被告(39)ら元幹部が出廷したが、堀江前社長の出廷は初めて。
 前社長は、当時ニッポン放送の支配下にあったフジテレビなどテレビ局の経営権取得について「03年暮れごろからLDの時価総額も上がったが、米国みたいな買収は日本では受け入れられないなと思った」と証言。フジのほかテレビ朝日、テレビ東京、日本テレビについても社内で一時話題になったことを明かした。

 04年9月15日にLD側が同放送株買い集めを決めたとする検察側主張については「興味はあったが決めたことはない」と否定。LD側がインサイダー情報を伝えたとされる同11月8日の会議は「記憶にない。大事な会議なら覚えているはず」と証言し、同放送株の大量取得を決めたのは、05年2月に実際に買収した直前と述べた。村上前代表も直接尋問し、実刑判決を受けたばかりの堀江前社長に「ご自身が大変な時にお越し頂きありがとうございます」と述べた

 ◇堀江前社長、ジーパン姿で
 証人出廷した堀江前社長は、自らの公判で貫いたスーツ姿ではなく、Tシャツの上にうす紫のシャツを羽織り、白のジーパン姿。ペットボトルを手に持って入廷し、村上前代表に軽く会釈をすると、村上前代表も大きく会釈を返した。

 村上前代表の事件について、堀江前社長は昨年6月、東京地検特捜部の参考人聴取に「インサイダー取引に当たるとは思わない」と供述し、検察側構図を否定。一方、元側近の宮内被告は公判で「04年11月8日に(村上ファンド側に)ニッポン放送株の取得方針を伝えた。堀江も『よろしくお願いします』と言って、一番乗り気だった」と、インサイダー情報を伝えたと証言。LD公判での「堀江対宮内」の構図が、そのまま村上ファンド公判にも持ち込まれる形となった。
 全国の「救急告示医療施設」(救急病院)の総数が過去5年間で「医師不足」などを理由に1割近く減っていることが、読売新聞の緊急自治体アンケートでわかった。

 減少傾向には歯止めがかかっておらず、いざという時に患者の受け入れ病院がなかなか見つからないなど、救急体制の危機が深刻化している実態が浮き彫りになった。

 読売新聞が全国47都道府県を対象に、救急体制について聞いたところ、2001年3月末に全国で5076施設あった救急告示医療施設が06年3月末までに約8・5%に当たる432施設減少し、4644施設になっていた。今年度に入っても減少傾向は変わらず、38都道府県の121施設が救急告示(救急医療施設の指定)を撤回、または撤回する予定だ。
 大阪府能勢町の中学2年男子生徒(14)への虐待事件で傷害と逮捕監禁の罪に問われ、大阪地裁で公判中の母、北寿々代被告(39)=保釈中=が20日朝、同町の自宅で自殺したことが分かった。虐待した生徒や親へ「ごめんね」など謝罪の意を記した遺書が残されていたという。北被告への公訴は棄却される見通し。

 北被告は自宅に併設されているボイラー室で首をつって死んでいるのを同居の母親が見つけ、20日午前7時過ぎに110番した。19日に論告求刑公判があり、懲役3年を求刑され、判決は来月9日に予定されていた。

 起訴状によると、北被告は夫の宇田克巳被告(34)とともに昨年8月17日~9月7日ごろ、男子生徒の態度が気にくわないとして、折り畳んだ脚立の上で、金属バットを足に挟んだ状態で長時間正座させるなどの暴行を加え、2週間のけがをさせた。8月29日からは、首に鎖を巻きつけて柱につないだ。
 12人が死亡、5000人以上が負傷した地下鉄サリン事件は20日、発生から12年を迎えた。東京都千代田区の霞ケ関駅では、慰霊式が営まれ、犠牲者を悼むとともに、安全確保を改めて誓った。昨年9月、首謀者のオウム真理教(アーレフに改称)元代表松本智津夫(麻原彰晃)死刑囚(52)の判決が確定したが、遺族や関係者は「あの日」を迎え、怒りと悲しみを新たにした。

 霞ケ関駅では、助役だった高橋一正さん=当時(50)=と菱沼恒夫さん=同(51)=が犠牲になった。午前8時から駅員約20人が30秒間にわたり黙とうし、穂積次夫・霞ケ関駅務管区長(55)が献花した。
 同管区長は事件を記したプレートの前で「亡くなった方々に深い哀悼をささげ、治療中の方の回復を願っている。今後も一層、乗客の安全確保に努める」と話した。 
 自民党の通信・放送産業高度化小委員会(片山虎之助委員長)は20日午前の会合で、今国会に提出予定の放送法改正案にNHK受信料の支払い義務化を盛り込まないことを決めた。

 支払い義務化は、今秋の臨時国会以降に先送りされる。関西テレビの情報番組「発掘!あるある大事典2」の捏造(ねつぞう)問題を受けて総務省が検討している新たな行政処分は、放送法改正案に盛り込んだ上で、再発防止に向けた放送業界の取り組みを見極めるため、施行を当面凍結することで一致した。片山委員長と菅総務相は同日午後、放送法改正案について対応を協議する。

 受信料問題では、菅総務相が義務化の前提として、NHKに受信料を2割前後値下げするよう求めている。しかし、NHKは具体的な値下げ計画を示しておらず、小委は「現状では義務化に国民の理解が得られない」と判断した。
 シンガー・ソングライター、長渕剛(50)の長女、文音=あやね=(18)が映画「コスモ、光明(ひかり)のなかへ」(仮題、佐々部清監督、来夏公開予定)の主役で女優デビューすることが2月28日、分かった。

俳優としても数々の名作を残した長渕に加え、母も日本アクション女優の始祖、志穂美悦子(51)=引退=というサラブレッド。高校卒業式を迎える3月1日に、芸能活動を“解禁”する18歳を直撃した⇒newsranking

 表現者の血はしっかりと継承されていた。「歌には興味なかったですけど、小さい頃から人前で何かを表現する仕事に就きたかったんです」。暖めてきた夢の舞台へ、ついに踏み出す時が来た。

 4歳で牧阿佐実バレエ団に入団し、小学校6年生でクリスマス公演の主役に抜擢されるなど将来を嘱望されたが、15歳の時にアキレス腱(けん)のけがで継続を断念。激しく落ち込む姿を見た母から、2年前に東映の演劇学校を紹介された。

 「入ってすぐ、映画やドラマのお話を頂きました。でも、高校が芸能活動禁止だったので、全部断りました。高校生活は今しかできないので、中退してでも、という考えは全くなかったです」

 オファーを出した関係者の中でも、ほれ込んでいたのが「コスモ-」の岡田聖プロデューサー(64)。岡田氏は「お会いした時に女優としての感性を感じた」と、高校を卒業するまでクランクインを待ってくれた。

 「お母さんは『演技を自然に見せるには、目線を工夫しなさい』とか教えてくれます。お父さん? 『型にはまるな』と言うだけですね(笑)。両親が有名ですから、周りからいろいろ言われるでしょうし、不安はあります。でも、悩んだ時に答えをくれる、力強い味方が身近にいると思えば、勇気が出てきます」

 尊敬する女優はエアロスミスのスティーヴン・タイラー(58)の娘、リブ・タイラー(29)だという。

「私と同じような環境で、プレッシャーもたくさんあったと思うのに、実力で大女優になったのがすごいです」。リブの主演映画「アルマゲドン」(98年)でスティーヴンが主題歌を熱唱したように、いつの日か長渕父娘の共演も実現するだろう。エンターテインメントの世界に、またひとつ、楽しみな夢が誕生した⇒newsranking
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。