最新ニュース,エンタメ,芸能,時事ネタはもちろん無料の総合情報。サービス紹介、ファッション,政治,経済,社会,写真,動画,国内,海外,流行発信。時事ネタならおまかせあれ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 中学生ファイターHIROYA(河部弘也=15)の冒険が始まる。2月5日、K-1 MAXの有明コロシアム大会で、衝撃のTKOデビューしたHIROYAは、3月9日の母校愛川中原中の卒業式を前にトレーニングの毎日を送っている。

一躍格闘界のホープとして注目されたが父儀信さん(41=自営業)は手綱を緩めない。親元を離れるタイ修業中も「小遣いがほしければ、ファイトマネーで稼げ」と、独立独歩の子育て論を貫く。

 衝撃デビューは忘れ、HIROYAの視線はタイに向けられていた。4月上旬にも出発する。現地では問答無用のムエタイ修行が待つ。家族を養う夢を背負い地方から出てくるハングリーな少年たちと戦いながら、自分を磨くのだ。

 そのHIROYAに儀信さんは、容赦ない言葉を送った。「小遣いは与えない。ほしければファイトマネーを勝ち取れ。自分の力で稼げ」。HIROYAの顔に動揺の影はチラリともよぎらない。「多分、勝てば500バーツくらいだと思います。勝ってファイトマネーをもらえるように頑張ります」。ニコニコと屈託のない笑顔のままだ。

 現在のレートで1バーツは約3円。500バーツは約1500円。そこからジムにいくらか渡り、手元に残る額はごくわずか。それでも「向こうでは100円あれば屋台で腹いっぱい食べることができます」。厳しい環境はかえってHIROYAの闘争心をかきたてる。

 ジムのほかにも富裕層の子供が通うインターナショナルスクールに通う予定だ。儀信さんはその狙いを説明する。「学校で裕福な子供と学び、ジムは貧しい子と練習。両極端を知るでしょう。それが大切です。両方を知ってこいつが何を感じ、どう考えるか。それが財産になる」。15歳の目にタイの現実がどう映るか? グローブを置いたあとの人生も考えた環境整備だ。

 HIROYAも飛び込んでいく世界の実態はうすうす分かっている。「日本では経験できないことです。中学の友達と遊んでいる時はとても楽しいです。でも、それはそれで、その一方でいろんな経験をしたいです」。

 松坂はメジャーへ、伊藤翔は欧州へ、海外へ挑戦の場を求めていく。ムエタイの本場で15歳から18歳の多感な時期を過ごす。ファイターとして人として、貴重な時間になることだけは確かだ。

儀信さんの「人に優しくできる、本物の強い人間になれ」の言葉を胸に旅立ちの春、タイへ渡る。

本日の最新→ニュースranking
スポンサーサイト
TBS/FEG
「K-1 WORLDMAX2007~日本代表決定トーナメント~」
2007年2月5日(月)東京・有明コロシアム
開場16:00 開始17:30(観客=8,961人)

▼第2試合 日本代表決定トーナメント1回戦 3分3R延長1R
○アンディ・オロゴン(ナイジェリア/チームオロゴン)
延長判定 3-0 ※10-8、10-9、10-8
●小比類巻貴之(チームドラゴン/K-1WORLDMAX2006世界一決定トーナメントベスト8)
ニュースranking

 兄ボビーをセコンドにつけたアンディ。試合前、二人はがっちりと抱擁を交わして気合を入れる。

 1R、小比類巻はジャブから強烈な右ローを二発。離れた間合いからジャブをつくアンディだったが、小比類巻のプレッシャーに負けてずるずると後退してしまう。下がりながらも細かくローを蹴るアンディだったが、小比類巻の強烈な右ローがアンディの左足を捕らえる。

 左アッパーから右ストレートを打つアンディ。そこからパンチで前に出て右ストレートを当てる。アンディはこのパンチをキッカケに、徐々に前に出て攻撃を繰り出す。ラウンド終了後、アンディは拳を握ってアピールする。

 2R、前蹴りでアンディを突き放す小比類巻。アンディの右ローをキャッチして右ローを連打する。しかしアンディの左アッパーから右ストレートがヒット! 小比類巻はたまらずクリンチで逃げる。
ニュースranking

 小比類巻はアンディのパンチに合わせて右ローを蹴るが、これまでとは一転、アンディがプレッシャーをかけて前に出て行く。アンディは左フックから左ボディとパンチのコンビネーション。右の前蹴りやミドルを蹴って。このラウンドは明らかにアンディのラウンドだ。

 3R、アンディのジャブに小比類巻が右のロー! しかしアンディが右ローに左アッパーからの右ストレートを当てて、小比類巻がバランスを崩す! ここはスリップになったものの、客席は大いに沸き上がった。

 小比類巻の右ローを明らかに嫌がる素振りを見せるアンディ。しかしアンディは小比類巻のローを受けながらも、前に出てパンチを繰り出す! 小比類巻はアンディをコーナーに詰めるものの、そこから手数が出ずにアンディを仕留めきれない。→ニュースranking

 判定は1人が小比類巻を指示したものの、残り2名はドロー。試合は延長に突入する!

 延長R、アンディが右ストレートの連打で猛攻! 小比類巻はたまらずクリンチで逃げる。大アンディコールが起こる中、右ローを打った小比類巻の顔面をアンディの右ストレートが打ち抜く! マットに尻餅をつく小比類巻、アンディがダウンを奪った!

 残り1分、何とかポイントを挽回しようと前に出る小比類巻。右のローに苦しむアンディだったが、必死に小比類巻を突き放して逃げ切る。判定は3-0でアンディ! アンディが小比類巻を下すという大番狂わせを起こした。

 動きに精彩を欠いていた小比類巻だったが、大会終了後の谷川イベントプロデューサーのコメントより、試合前に左足首を骨折していたことが判明。決勝で佐藤嘉洋と戦いたいという希望で、出場を直訴していたことが明かされた。

<その他の全試合結果>

▼メインイベント K-1WORLDMAX2007日本代表決定トーナメント決勝 3分3R延長1R
○佐藤嘉洋(日本/フルキャスト/名古屋JKファクトリー)
KO 1R2分22秒 ※右のヒザ蹴り
●TATSUJI(日本/アイアンアックス)
※佐藤が07年日本代表決定トーナメントを優勝、連覇を達成

▼第9試合 スーパーファイト K-1ルール 3分3R延長1R
○ムラット・ディレッキー(トルコ/ユニバーサル)
KO 1R1分27秒 ※右フック
●アルバート・クラウス(オランダ/チーム・スーパープロ)

▼第8試合 日本代表決定トーナメント準決勝 3分3R延長1R
○佐藤嘉洋(フルキャスト/名古屋JKファクトリー/K-1WORLDMAX2006日本代表決定トーナメント優勝)
判定 3-0 ※30-28、30-28、30-28
●尾崎圭司(チームドラゴン/R.I.S.E.DEAD or ALIVEトーナメント’06優勝)

▼第7試合 日本代表決定トーナメント準決勝 3分3R延長1R
○TATSUJI(アイアンアックス/K-1WORLDMAX2006日本代表決定トーナメント準優勝)
判定 3-0 ※30-29、30-28、30-29
●安廣一哉(正道会館)

▼第6試合 スーパーファイト 3分3R延長1R
○ブアカーオ・ポー.プラムック(タイ/ポー.プラムックジム)
判定 3-0 ※30-27、30-28、30-27
●ツグト・“忍”・アマラ(モンゴル/フリー)

▼第5試合 日本代表決定トーナメント1回戦 3分3R延長1R
○佐藤嘉洋(フルキャスト/名古屋JKファクトリー/K-1WORLDMAX2006日本代表決定トーナメント優勝)
判定 3-0 ※30-28、30-28、30-28
●白須康仁(花澤/MA日本ウェルター級&WMAF世界スーパーウェルター王者)

▼第4試合 日本代表決定トーナメント1回戦 3分3R延長1R
○尾崎圭司(チームドラゴン/R.I.S.E.DEAD or ALIVEトーナメント’06優勝)
判定 3-0 ※29-28、29-27、29-27
●宍戸大樹(シーザージム/シュートボクシング日本ウェルター級王者)

▼第3試合 日本代表決定トーナメント1回戦 3分3R延長1R
○TATSUJI(アイアンアックス/K-1WORLDMAX2006日本代表決定トーナメント準優勝)
判定 3-0 ※30-28、29-28、30-28
●HAYATO(FUTURE_TRIBE/UKF世界スーパーウェルター級王者)

▼第1試合 リザーブファイト 3分3R延長1R
○安廣一哉(正道会館)
判定 3-0 ※30-29、30-29、30-29
●サトルヴァシコバ(勇心館)

▼K-1特別試合 3分3R
○HIROYA(フリー/2005アマチュアムエタイ世界大会優勝)
TKO 3R2分45秒 ※タオル投入
●高橋明宏(大誠塾)

▼オープニングファイト2 3分3R
○蜜山剛三(ファイブリングス)
判定 3-0 ※30-26、30-28、30-28
●ASH-RA(エックスフォース)

▼オープニングファイト1 3分3R
○城戸康裕(谷山)
TKO 1R2分26秒
●川端健司(チームドラゴン)
ニュースranking
九重部屋に出稽古に訪れた亀田興毅は大関千代大海を相手にたっぷり稽古を行なった

 ボクシングの亀田一家が5日、第58代横綱千代の富士が親方を務める大相撲・九重部屋に出稽古に訪れた。前WBA世界ライトフライ級王者の興毅、大毅、和毅に加えて“四男坊”の牛若丸あきべぇも参加。大関千代大海をはじめ九重部屋の力士衆を相手に取り組み、ぶつかり稽古など約1時間近く、タップリと汗を流した。
ニュースranking

 昨年2月に明け荷と座布団をプレゼントされるなど九重親方(第58代横綱千代の富士)と親交の深い亀田一家。その縁もあって、この日、亀田一家は初めて相撲の出稽古に訪れた。

九重部屋の朝稽古を見学し終えると、さっそく着替えにかかった興毅たち。「オレらは小さいから、まわしは似合わへんよ」(興毅)ということから、亀田兄弟のまわし姿のお披露目はならなかったが、上半身裸になると、千代大海らの胸を借りて思い切り力士たちにぶつかっていった。
ニュースranking

 最初はビクともしなかった千代大海だったが、休む間もなく次々とぶつかってくる亀田兄弟の“猛攻”にとうとうギブアップ。千代大海から土俵を割らせることに成功すると、興毅は「ヨッシャー」と笑顔を見せていた。

 力士相手に初めての稽古を終えた興毅は「すごくいい練習になるな。体の中身の強さ、腰の強さが違ってくる」と手応え十分。相撲が大好きな亀田一家らしく、普段からのトレーニングでも相撲の要素を取り入れ、父の史郎さんを相手に3分間押しっぱなしというぶつかり稽古を行なっているが、やはり本物の力士相手にやる稽古は質が違うという。
 「100キロ以上もある大きい相手にバン!とぶつかっていくわけやからパワーもつくし、今度同じ50キロくらいの相手と試合したら、簡単に吹っ飛ばせるよ」

 稽古を見守っていた九重親方からも「なかなか上手なところがあるね」とお墨付きをもらった興毅。3月24日のフライ級ノンタイトル戦へ向け、高らかにKO宣言だ。

 「次の試合は見とってや。パワーあるところ見せるし、きっちりKOするよ」

 一方、2月23日に北海道立総合体育センター「きたえーる」でプロ8戦目を戦う二男・大毅も「きょうはごっつい練習になったで。オレも豪快にKO決めるよ」と、兄弟そろってのKO宣言だ。

 「オレらはいつでも空いてるし、親方がいいって言ってくれればまた稽古に来たいな。さすが日本の国技や」
 興毅大満足の本格相撲トレ。出稽古効果でさらなるパワーアップも見えてきた。

■亀田興毅ノンタイトル10回戦「亀田場所」
3月24日(土) 東京・両国国技館 開場15:30 第1試合開始16:30(予定)

<フライ級ノンタイトル 10回戦>
亀田興毅(協栄/前WBA世界ライトフライ級王者)
対戦相手未定

■亀田大毅 プロ第8戦
2月23日(金)北海道立総合体育センター「きたえーる」 開場17:30 第1試合開始18:15(予定)

<51.5キロ契約 10回戦>
亀田大毅(協栄/WBC世界スーパーフライ級26位)
ビッキー・タウミル(インドネシア/WBAライトフライ級4位、元インドネシアライトフライ級チャンピオン)

<ウェルター級 10回戦>
牛若丸あきべぇ(協栄/日本ウェルター級2位)
ジョコー・トゥンガル (インドネシア)

<60.0キロ契約 6回戦>
鎧塚真也(協栄)
阿部展大(角海老宝石)

<バンタム級 6回戦>
白石豊土(協栄)
石本良次(協栄札幌赤坂)

※他にも、前川4兄弟、亀田3兄弟の従兄弟の京之介君による特別スパーリング、および、亀田興毅によるチャリティーサイン会を予定。
ニュースranking
 2月5日(月)東京・有明コロシアムで開催されるTBS/FEG主催『K-1 WORLD MAX 2007~日本代表決定トーナメント~』のスペシャルマッチで、なんと現役中学生がデビューすることが発表された。

 1月30日(火)都内ホテルにて行われた記者会見で発表されたその中学生ファイターの名前はHIROYA(フリー)。

2006年にインドで開催された『ナショナル・キックボクシング・チャンピオンシップ アジア大会』のジュニア部門(14~17歳)54kgトーナメント優勝、2005年の『世界ムエタイ連盟アマチュアムエタイ世界大会』(45カ国参加)ではジュニア部門ピン級で金メダルを獲得するという快挙を達成。

2006年の同大会でもジュニア部門バンタム級で銀メダルを獲得している。

 HIROYAはかねてから“驚異の中学生”としてキックボクシング関係者の間で話題となっており、中学生にしてプロの新人選手よりも強いとの噂があった。

『ファイティングTVサムライ!』でRIKIX会長の小野寺力が「強い中学生がいる。アッパーもしっかり打てるし、コンビネーションパンチが凄い」と評していたことも。これまで『TITANS 3rd』を始め新日本キックボクシング協会のリングに上がり、エキジビションマッチや中学生ガチンコマッチなどを経験している。

 きっかけは魔裟斗だった。

かねてから魔裟斗のファンだったHIROYAは昨年9月にシルバーウルフジムを訪ね、魔裟斗に「僕の練習を見てください」と直訴。

その熱心さに「仕方ないな」と渋々了承した魔裟斗が、試しに大人とスパーリングをさせたところその動きにビックリ。

HIROYAがボコボコにしてしまったという。谷川プロデューサーに紹介したところ興味を示し、今回デビューする経緯に至った。

 デビュー戦はK-1特別試合として、アマチュア規定のグローブとヘッドギア着用のK-1ルール3分3R、60kg契約で行われ、高橋明宏(大誠塾)と対戦する。また、HIROYAは今年3月に中学校を卒業、3年間のタイ修行に向う。
配信 GBR 格闘技WEBマガジン
パンチで大逆襲するダニエルを振り切り、デビュー以来の無敗記録を「12」に伸ばした久保

ニュージャパンキックボクシング連盟/センチャイムエタイジム
「FIGHTING EVOLUTION II~進化する戦い~MUAYTHAI OPEN」
2007年1月28日(日)東京・ディファ有明
開場16:30 開始17:00

 テコンドーでは都大会優勝など10個以上のメダルを獲得、中学3年生で世界大会に日本代表として選出され、高校1年生からはキックボクシングを始めて昨年には11戦無敗のままNJKFフェザー級暫定王者となった久保優太(立川KBA)。

亜細亜大学の経営学部に通う現役大学生でもある。

 この格闘技の天才児が、WMC香港スーパーフェザー級チャンピオンのダニエル(南アフリカ)と対戦した。

30歳で戦績は20勝5敗5分という以外は、ほとんどデータのない選手だけに久保の楽勝ムードが漂っていたが…。試合はいい意味で予想を裏切る大熱戦に。

 1Rに久保が左フックでダウンを奪い、以後もテコンドー仕込みのバックキックなど多彩な技を魅せた。

3Rにもヒザ蹴りでダウンを奪い、KOは間近かと思われたが、ここからダニエルがパンチで猛反撃。

久保は何度も膝を折りながらダウンだけは逃れ、判定でデビュー以来の無敗記録を「12」に伸ばした。

<主な試合結果>

▼第12試合 メインイベント 日本・タイ国際戦60kg契約 3分5R
○センチャイ・ソー・カムシン(タイ/ルンピニースタジアム認定スーパーフェザー級王者)
KO 4R1分52秒 ※左ヒジ
●竹村健二(名古屋JKF/J-NETフェザー級10位)

▼第11試合 日本・タイ国際戦51kg契約 3分5R
○ラッタナデェ・KTジム(タイ/ルンピニースタジアム認定ライトフライ級3位)
TKO 3R2分52秒 ※3ノックダウン
●魂叶獅(はまっこムエタイジム/J-NETWORKフライ級王者)

▼第10試合 日本・南アフリカ国際戦58.5kg契約 3分5R
○久保優太(立川KBA/NJKFフェザー級暫定王者)
判定 3-0 ※49-45、49-45、49-45
●ダニエル(南アフリカ/WMC香港Sフェザー級王者)

▼第9試合 日本・タイ国際戦61.23kg契約 3分5R
○ヨーユット(タイ/元ルンピニー・フェザー級4位)
判定 3-0 ※50-47、50-47、50-47
●大和哲也(大和ジム/NJKFライト級7位)

▼第8試合 日本・タイ国際戦61.23kg契約 3分5R
○ソンクラー(タイ)
TKO 4R0分13秒 ※ヒジによるカット
●藤牧孝仁(はまっこムエタイジム/全日本ライト級3位)

▼第7試合 日本・タイ国際戦84kg契約 3分5R
○ノーンバンク・ルークプラバーツジム(タイ)
判定 3-0 ※50-49、50-49、49-48
●敏センチャイジム(センチャイムエタイジム)

▼第6試合 日本・タイ国際戦 フライ級 3分3R
○久保賢司(立川KBA)
KO 2R2分11秒
●サッミングノム・SKVジム(タイ)
配信 スポーツナビ
 レスリング協会は28日、天皇杯全日本レスリング選手権大会(東京・駒沢体育館)に出場し、試合で負傷した山本“KID”徳郁が右ひじ後方亜脱臼で全治3~4カ月と診断されたことを発表した。

KIDはフリースタイル60キロ級で2回戦敗退ながらもベスト8に入り、6月の全日本選抜選手権大会の出場権を獲得している。

 KIDは、試合後の会見もキャンセルし、「軽くけがしちゃったんで、がっちり治したい」とのコメントを残して救急車で病院に直行した。けがの状況を踏まえてKIDが所属するKILLER BEEのマネージャーは、「6月の大会には間に合う」とアマレス継続参戦へ前向きな姿勢を見せた。

 また、KIDの妹・聖子さんは、「控え室でとても悔しがっていましたが、『どれくらいで治る?』と周囲に話していましたし、(アマレスを)辞める気はないのでは」と語った。

復帰戦で2回戦敗退、そして思わぬけが。それでもKIDの心は折れていないようだ。
配信 GBR 格闘技WEBマガジン
『BATTLE MIX TOKYO 01』の会場で歌を披露するユニット「リリー★ハニー」

 1月26日(金)東京・東京キネマ倶楽部にて、G-STYLE『BATTLE MIX TOKYO 01』が開催され、「BATTLE MIX TOKYO G-SHOOTO」イメージガールを務めるユニット「リリー★ハニー」が初お披露目された。

「リリー★ハニー」とは、番組「ときめきGirls Side!」に出演する岩尾桂子をリーダーに、あべなぎさ、野上梨佳、鈴木伶香というアイドル?女優?タレント?歌手?というマルチな女の子が結成するユニットである。

●『BATTLE MIX TOKYO』2007年度・大会スケジュール
『BATTLE MIX TOKYO 02』3月30日(金)東京キネマ倶楽部
『BATTLE MIX TOKYO 03』5月26日(土)
『BATTLE MIX TOKYO 04』7月28日(土)
『BATTLE MIX TOKYO 05』9月を予定
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。