最新ニュース,エンタメ,芸能,時事ネタはもちろん無料の総合情報。サービス紹介、ファッション,政治,経済,社会,写真,動画,国内,海外,流行発信。時事ネタならおまかせあれ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 女優の加藤あい(24)とサッカー日本代表DF中田浩二(27=バーゼル)の熱愛が27日、明らかになった。

[加藤あいと中田浩二が熱愛]の続きを読む
スポンサーサイト
 女優の戸田恵子(49)と俳優の井上純一(48)が昨年12月に離婚していたことが分かった。

[奥菜恵「ミクシィ」社長と熱愛中?]の続きを読む
舞台『ドラクル』でドラキュラ役に挑戦する市川海老蔵は、女性ではなく「いい“男”の血を吸ってみたい」

[「いい男の血を吸いたい」市川海老蔵、交際の質問に「またそれか」]の続きを読む
 女優の戸田恵子さん(49)と俳優の井上純一さん(48)が昨年12月に離婚していたことが分かった。

[<戸田恵子さん>井上純一さんと離婚「すれ違いの生活で」]の続きを読む
 シンガー・ソングライター、長渕剛(50)の長女、文音=あやね=(18)が映画「コスモ、光明(ひかり)のなかへ」(仮題、佐々部清監督、来夏公開予定)の主役で女優デビューすることが2月28日、分かった。

俳優としても数々の名作を残した長渕に加え、母も日本アクション女優の始祖、志穂美悦子(51)=引退=というサラブレッド。高校卒業式を迎える3月1日に、芸能活動を“解禁”する18歳を直撃した⇒newsranking

 表現者の血はしっかりと継承されていた。「歌には興味なかったですけど、小さい頃から人前で何かを表現する仕事に就きたかったんです」。暖めてきた夢の舞台へ、ついに踏み出す時が来た。

 4歳で牧阿佐実バレエ団に入団し、小学校6年生でクリスマス公演の主役に抜擢されるなど将来を嘱望されたが、15歳の時にアキレス腱(けん)のけがで継続を断念。激しく落ち込む姿を見た母から、2年前に東映の演劇学校を紹介された。

 「入ってすぐ、映画やドラマのお話を頂きました。でも、高校が芸能活動禁止だったので、全部断りました。高校生活は今しかできないので、中退してでも、という考えは全くなかったです」

 オファーを出した関係者の中でも、ほれ込んでいたのが「コスモ-」の岡田聖プロデューサー(64)。岡田氏は「お会いした時に女優としての感性を感じた」と、高校を卒業するまでクランクインを待ってくれた。

 「お母さんは『演技を自然に見せるには、目線を工夫しなさい』とか教えてくれます。お父さん? 『型にはまるな』と言うだけですね(笑)。両親が有名ですから、周りからいろいろ言われるでしょうし、不安はあります。でも、悩んだ時に答えをくれる、力強い味方が身近にいると思えば、勇気が出てきます」

 尊敬する女優はエアロスミスのスティーヴン・タイラー(58)の娘、リブ・タイラー(29)だという。

「私と同じような環境で、プレッシャーもたくさんあったと思うのに、実力で大女優になったのがすごいです」。リブの主演映画「アルマゲドン」(98年)でスティーヴンが主題歌を熱唱したように、いつの日か長渕父娘の共演も実現するだろう。エンターテインメントの世界に、またひとつ、楽しみな夢が誕生した⇒newsranking
姉、麻耶の事故の詳細を語る小林麻央

 タレントでニュースキャスターの小林麻央が2月27日(火)、都内で行われた『自賠責保険』のキャンペーンキャラクター発表会に登場した。

 初めて“保育士”の姿でPRを務める彼女は「相手役の子供に“よく知ってるね!”と呼びかけながら楽しく撮影できました。昨年、普通免許を取得したのですが一緒にドライブする相手も時間もなくて…」とコメント。「もし事故に遭っても、誠意ある対応を!」とPRした⇒newsranking

 また、先週21日に交通事故に遭い入院したTBSアナウンサーで実姉の小林麻耶について「(事故発生が)午前中で、自宅で一報を聞きました。その夜、治療で首をグルグル巻きにされ相当痛がっていました」とその時の様子を語った。

 途中、主催者側からは「TBSの広報に問い合わせてください!」という声も飛んだが、自身も合間をぬって病院へ見舞いに行ったことを明かした上で「ご心配をおかけし、すみませんでした」と一礼。関係者やファンに謝罪した。
newsranking
 22日、石原真理子が監督、脚本を務める映画『ふぞろいな秘密』のキャスティング発表記者会見が行われ、後藤理沙と堀澤かずみが、ヒロイン“石原マリコ”役でダブル主演することが分かった⇒newsranking

同作は、昨年末、突然発売され、芸能界に激震が走った石原真理子の自叙伝を、著者である石原自身が映画化する前代未聞のプロジェクトだ。

 この日、もっとも注目を浴びたのは、公開オーディションを経て、10代の石原を演じることになった新人女優、堀澤かずみ⇒newsranking

まっすぐに伸びた黒髪、純粋であどけない表情は、隣に座る石原真理子にそっくり! 石原には失礼かもしれないが、まるで親子のような雰囲気に、集まった記者たちからもナイスキャスティングの声が上がった。

一方、20代の石原役に抜擢された後藤理沙は、一時、タレント業を引退していたとはいえ、堂々たる存在感。原作同様、激しい濡れ場シーンに挑戦するとあって、後藤にとっては新たなステップになりそうだ。

 「見た目よりも、リアルな感情を表現できる人を選んだ」とキャスティングの理由を説明する石原。

昨年から報じられている騒動については「過去の出来事は、本を出したことで客観視できるようになった」と語り、今は自ら絵コンテを書くなど、初の映画監督業に没頭している様子だった。

安達祐実の母で、昨年、ヘアヌード写真集を発表した安達有里が、演技未経験ながら、石原のマネージャー役に抜擢されるなど、話題先行な一面もある『ふぞろいな秘密』。

13人の男性有名人との関係が赤裸々に記された原作に対して、映画版は、河合龍之介演じる“山置洋二”との純愛にスポットをあてた内容になる予定だ。昨年に引き続き、今後も石原から目が離せない。

『ふぞろいな秘密』は初夏より銀座シネパトスほかにて公開。
『ふぞろいな秘密』オフィシャルサイトhttp://www.huzoroinahimitsu.com/
newsranking
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。